大阪大学微生物病研究所―文部科学省共同利用・共同研究拠点





新着情報

2014年07月18日
遺伝情報実験センター 事務補佐員の公募について
2014年06月27日
難治感染症対策研究センター 技術補佐員の公募について
2014年06月23日
審良教授、山本教授が"Highly Cited Researchers"に選出されました
2014年06月06日
環境応答研究部門 教授候補者の公募について
2014年04月25日
5月2日と3日にいちょう祭が開催されます

行事・セミナー

2014年07月23日
腸管寄生原虫の病原機構と代謝の特殊進化
2014年07月26日-08月09日
第6回タイ・ミャンマー国境現地で学ぶ熱帯感染症医師研修
2014年07月28日
NextBio / IPAテクニカルセミナー
2014年07月30日
新生児の腸内ビフィズス菌は母親から伝播する:菌株レベルの証明
2014年08月01日
Statistical genetics of migration and adaptation in humans and bacteria
ページの先頭へ

論文

Fujita, T. et al.
Identification of Proteins Associated with an IFNγ-Responsive Promoter by a Retroviral Expression System for enChIP Using CRISPR
PLoS ONE, 9(7): e103084, 2014
Ohnishi, Y. et al.
Resistance of oral squamous cell carcinoma cells to cetuximab is associated with EGFR insensitivity and enhanced stem cell-like potency.
Oncol. Rep., 32 (2), 780-6, 2014
Ohnishi, Y. et al.
Cyclin D1 expression is correlated with cell differentiation and cell proliferation in oral squamous cell carcinomas.
Oncol Lett, 7 (4), 1123-1127, 2014
Hubber, A. et al.
The machinery at endoplasmic reticulum-plasma membrane contact sites contributes to spatial regulation of multiple legionella effector proteins.
PLoS Pathog., 10 (7), e1004222, 2014
Ishida, K. et al.
Amoebal Endosymbiont Neochlamydia Genome Sequence Illuminates the Bacterial Role in the Defense of the Host Amoebae against Legionella pneumophila.
PLoS ONE, 9 (4), e95166, 2014
ページの先頭へ



主な研究成果

免疫不全疾患研究(木下研究室)

免疫化学(荒瀬研究室)

免疫化学(荒瀬研究室)

遺伝子機能解析分野

ウイルス免疫(生田研究室)

自然免疫学(審良研究室)