大阪大学微生物病研究所―文部科学省共同利用・共同研究拠点





新着情報

2014年04月16日
微研/IFReC合同説明会・見学会を開催します(大学院生、ポスドク募集)
2014年04月14日
白松植樹のお知らせ
2014年04月14日
遺伝情報実験センター 技術補佐員の公募について
2014年04月03日
高度副プログラムのガイダンスを開催します
2014年04月02日
永井宏樹准教授が日本細菌学会 小林六造記念賞を受賞しました

行事・セミナー

2014年04月22日
第539回微研集談会
2014年04月24日
天疱瘡とアトピー性皮膚炎
2014年05月09日
クロマチン制御因子の文脈特異的機能
2014年05月17日
微生物病研究所 / 免疫学フロンティア研究センター 合同説明会・見学会(※参加登録必要)
2014年09月23日-09月26日
第13回あわじしま感染症・免疫フォーラム
ページの先頭へ

論文

Jin, H. et al.
Autoantibodies to IgG/HLA class II complexes are associated with rheumatoid arthritis susceptibility.
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 111 (10), 3787-92, 2014
Taya, K. et al.
Moderate Restriction of Macrophage-Tropic Human Immunodeficiency Virus Type 1 by SAMHD1 in Monocyte-Derived Macrophages.
PLoS ONE, 9 (3), e90969, 2014
Ono, C. et al.
Innate immune response induced by baculovirus attenuates transgene expression in Mammalian cells.
J. Virol., 88 (4), 2157-67, 2014
Ohshima, N. et al.
Two Types of Antibodies Are Induced by Vaccination with A/California/2009pdm Virus: Binding near the Sialic Acid-Binding Pocket and Neutralizing Both H1N1 and H5N1 Viruses.
PLoS ONE, 9 (2), e87305, 2014
Allen, SJ. et al.
Binding of HSV-1 Glycoprotein K (gK) to Signal Peptide Peptidase (SPP) Is Required for Virus Infectivity.
PLoS ONE, 9 (1), e85360, 2014
ページの先頭へ



主な研究成果

免疫化学(荒瀬研究室)

遺伝子機能解析分野

ウイルス免疫(生田研究室)

自然免疫学(審良研究室)

遺伝子機能解析分野

自然免疫学(審良研究室)