大阪大学微生物病研究所―文部科学省共同利用・共同研究拠点





新着情報

2014年12月17日
分子原虫学分野 技術補佐員の公募について
2014年12月13日
審良静男教授が日本学士院会員に選出されました
2014年12月12日
BIKEN次世代ワクチン協働研究所 技術補佐員の公募について
2014年12月01日
BIKEN次世代ワクチン協働研究所 技術補佐員の公募について
2014年06月23日
審良教授、山本教授が"Highly Cited Researchers"に選出されました

行事・セミナー

2015年01月08日
タイ・ミャンマーにおけるVibrio choleraeの分子疫学的研究および分離株のゲノミクス解析
2015年01月23日
ピロリ菌がんタンパク質CagAと細菌EPIYAエフェクターファミリー
ページの先頭へ

論文

Endo, Y. et al.
Dominant mutations in ORAI1 cause tubular aggregate myopathy with hypocalcemia via constitutive activation of store-operated Ca2+ channels.
Hum Mol Genet, , , 2014.
Fujita, T. et al.
Efficient isolation of specific genomic regions retaining molecular interactions by the iChIP system using recombinant exogenous DNA-binding proteins.
BMC Mol Biol, 15 (1), 26, 2014.
Nam, SO. et al.
Pre-clinical study of BK-UM, a novel inhibitor of HB-EGF, for ovarian cancer therapy.
Anticancer Res, 34 (8), 4615-4620, 2014.
Suzuki, K. et al.
Identification of diphtheria toxin R domain mutants with enhanced inhibitory activity against HB-EGF.
J Biochem, , , 2014.
Hamada, S. et al.
Japan-Thailand Collaboration Research on Infectious Diseases: Promotion and Hurdles
Journal of Disaster Research, 9 (5), 784-792, 2014.
ページの先頭へ



主な研究成果

分子ウイルス分野

感染病態分野(山本研究室)

感染症学・免疫学融合研究(永井グループ)

免疫不全疾患研究(木下研究室)

免疫化学(荒瀬研究室)

免疫化学(荒瀬研究室)