微研で研究するには

微研で学びたい学生の皆さんへ

微生物病研究所は、微生物学、感染症学、免疫学を中心に、がん研究、遺伝子工学、ゲノム科学など様々な分野で研究を展開しています。出身大学、学部を問わず生命科学研究に意欲の高い学生さんを歓迎します。

微生物病研究所の教員は、大阪大学大学院の医学系研究科、生命機能研究科、理学研究科(生物専攻)、薬学研究科を担当しており、希望研究室によって受験研究科が違います。微研所属の大学院生となるには、まず希望する研究室(候補)を決め、指導教官にどの研究科を受験すれば良いか相談し、各研究科を受験してください。

各研究室の受験研究科は下記ウェブサイトにある「参加研究室一覧」の中の「受験研究科」でも確認できます。
微研/IFReC合同説明会・見学会

毎年5月に大学院生、ポスドク向けの研究所見学会を開催しています。開催案内は4月上旬に微研ウェブサイトに掲載されますので、ご確認ください。

研究科 課程 出願受付 試験日
医学系研究科 修士課程 7月中旬~下旬 8月中旬
博士課程
(第1回)
(第2回)
8月下旬
12月中旬
10月初旬
1月下旬
薬学研究科 博士前期(特別) 6月中旬 7月上旬
博士前期(一般) 8月上旬 8月下旬
博士課程 医療薬学専攻 8月上旬 8月下旬
博士後期課程 創成薬学専攻 8月上旬 8月下旬
生命機能研究科 5年一貫博士 夏季入試 6月下旬 7月下旬
5年一貫博士 冬季入試 11月中旬 12月上旬
博士課程(H28.10月)
第3年次編入学
6月下旬 8月上旬
理学研究科 博士前期課程 6月上旬 7月上旬
博士後期日程 7月上旬 7月下旬

※願書受付や試験日は例年の日程ですので変更の可能性もあります。詳細については各研究科のHPなどの案内をご確認ください。

卒業後の進路について

微研やIFReCを卒業した後、主な進路先は以下のとおりです。
過去の例ですので、詳細は各研究室にてご相談ください。

大学関係 東京大学、京都大学など国内各大学助教・研究員、理化学研究所研究員、学振特別研究員(PD、DC)など
企業 武田薬品、シオノギ製薬、大正製薬、大洋薬品、杏林製薬製薬会社、味の素株式会社、雪国まいたけ、(株)カネカなど
海外留学 ハーバード大、UCLA、パスツール研究所など
その他 日赤、国立感染症研究所、医薬品食品衛生研究所、公立試験機関、公務員など

所長からのメッセージ

大阪大学微生物病研究所は、1934年に大阪大学で最初の附置研究所として設置され、感染症学、免疫学、腫瘍学等の基礎研究の発展を牽引し、これらの研究成果は財団法人阪大微生物病研究会(BIKEN)によって社会に還元され、感染症の征圧に大きく貢献してきました。また、病原微生物の研究を進める中で、がん遺伝子や細胞融合現象の発見、自然免疫機構の解明など、生命科学の発展に極めて大きな足跡を残してきました。
微生物病研究所は、感染症学、免疫学、腫瘍学、発生学、細胞生物学等の広範な領域をカバーする研究室で構成され、さらに、国内で取り扱うことが難しい病原体を研究するために、タイのバンコクにも研究拠点を設置しています。また、2014年には研究シーズの実用化を目指した、BIKEN次世代ワクチン協働研究所が開設されました。
免疫学、分子生物学、遺伝子工学等は、微生物の基礎研究から生まれました。微生物病研究所では、地味な基礎研究に耐えつつも、大きなブレークスルーを狙える、高い志を持った大学院生やポスドクを歓迎します。

大阪大学微生物病研究所 所長 松浦 善治