Standley, Daron

Profile

1998年コロンビア大学大学院修了、博士号取得(化学)。Schrodinger Inc.、大阪大学タンパク質研究所を経て2008年大阪大学免疫学フロンティア研究センター独立准教授(2014年から2016年までクロスアポイントメント制度により京都大学ウイルス研究所兼任)。2016年より現職。

Publication

  • (1) MAFFT multiple sequence alignment software version 7: improvements in performance and usability. Katoh, K., et al., Mol Biol Evol (2013) 30(4) 772-80
  • (2) Integrated sequence and structural alignment using MAFFT and DASH. Rozewicki, J., et al., (in prep) https://sysimm.org/dash/
  • (3) Repertoire Builder: High-throughput structural modeling of B and T cell receptors. Schritt, D., et al., (in prep) https://sysimm.org/rep_builder/
  • (4) Functional clustering of B cell receptors using sequence and structural features. Xu, Z., et al., (in prep) https://sysimm.org/interclone/
  • (5) Structural modeling of lymphocyte receptors and their antigens. Li, S., et al., Methods Mol Biol (2019) In press
  • (6) Regnase-1 and Roquin Regulate a Common Element in Inflammatory mRNAs by Spatiotemporally Distinct Mechanisms. Mino, T., et al., Cell (2015)161, 1058-1073

青枝 大貴

寄附研究部門

細胞性免疫寄附研究部門

荒瀬 尚

生体防御研究部門

免疫化学分野

伊川 正人

遺伝情報実験センター

遺伝子機能解析分野

飯田 哲也

難治感染症対策研究センター

細菌感染分野

石谷 太

環境応答研究部門

生体統御分野

岩﨑 正治

感染症国際研究センター

新興ウイルス感染症研究グループ

岩永 史朗

難治感染症対策研究センター

分子原虫学分野

蝦名 博貴

BIKEN次世代ワクチン協働研究所

ウイルスワクチングループ

岡田 雅人

環境応答研究部門

発癌制御研究分野

岡本 徹

感染機構研究部門

高等共創研究院

木下 タロウ

寄附研究部門

籔本難病解明寄附研究部門

小林 剛

難治感染症対策研究センター

ウイルス免疫分野

塩田 達雄

感染機構研究部門

ウイルス感染制御分野

高倉 伸幸

環境応答研究部門

情報伝達分野

巽 正志

日本・タイ感染症共同研究センター

ウイルス感染部門

中村 昇太

感染症国際研究センター

病原体同定研究グループ

浜田 茂幸

日本・タイ感染症共同研究センター

薬剤耐性菌部門

原 英二

環境応答研究部門

遺伝子生物学分野

堀井 俊宏

寄附研究部門

マラリアワクチン開発寄附研究部門

堀口 安彦

感染機構研究部門

分子細菌学分野

前田 裕輔

感染症国際研究センター

ウイルス動態研究グループ

松浦 善治

感染機構研究部門

分子ウイルス分野

三木 裕明

環境応答研究部門

細胞制御分野

三室 仁美

感染機構研究部門

感染微生物分野

村上 良子

寄附研究部門

籔本難病解明寄附研究部門

山﨑 晶

生体防御研究部門

分子免疫制御分野

山本 雅裕

感染機構研究部門

感染病態分野

吉岡 靖雄

BIKEN次世代ワクチン協働研究所

ワクチン創成グループ

渡辺 登喜子

感染機構研究部門

分子ウイルス分野

神⾕ 亘(招へい教授)

感染症国際研究センター

臨床感染症学研究グループ