高倉 伸幸

Profile

1997年京都大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。1997-2001年熊本大学医学部および発生医学研究センターで助手〜助教授。2001年金沢大学がん研究所、教授。2006年大阪大学微生物病研究所、教授。

Publication

  • (1) Regnase-1-mediated post-transcriptional regulation is essential for hematopoietic stem and progenitor cell homeostasis. Kidoya H. et al., Nat Commun. (2019) 10(1):1072.
  • (2) TAK1 prevents endothelial apoptosis and maintains vascular integrity. Naito H., et al., Dev Cell. (2019) 48(2):151-166.e7.
  • (3) CD157 marks tissue-resident endothelial stem cells with homeostatic and regenerative properties. Wakabayashi T., et al., Cell Stem Cell 22(3):384-397, 2018.
  • (4) APJ regulates parallel juxtapositional alignment of arteries and veins in the skin. Kidoya H., et al., Dev Cell (2015) 33(3):247-59.
  • (5) A role for hematopoietic stem cells in promoting angiogenesis. Takakura N., et al., Cell (2000) 102(2):199-209.
  • (6) Critical role of the TIE2 endothelial cell receptor in the development of definitive hematopoiesis. Takakura N., et al., Immunity (1998) 9(5):677-86.

青枝 大貴

寄附研究部門

細胞性免疫寄附研究部門

荒瀬 尚

生体防御研究部門

免疫化学分野

伊川 正人

遺伝情報実験センター

遺伝子機能解析分野

飯田 哲也

難治感染症対策研究センター

細菌感染分野

石谷 太

環境応答研究部門

生体統御分野

岩﨑 正治

感染症国際研究センター

新興ウイルス感染症研究グループ

岩永 史朗

難治感染症対策研究センター

分子原虫学分野

蝦名 博貴

BIKEN次世代ワクチン協働研究所

ウイルスワクチングループ

岡田 雅人

環境応答研究部門

発癌制御研究分野

岡本 徹

感染機構研究部門

高等共創研究院

木下 タロウ

寄附研究部門

籔本難病解明寄附研究部門

小林 剛

難治感染症対策研究センター

ウイルス免疫分野

塩田 達雄

感染機構研究部門

ウイルス感染制御分野

Standley, Daron

遺伝情報実験センター

ゲノム情報解析分野

巽 正志

日本・タイ感染症共同研究センター

ウイルス感染部門

中村 昇太

感染症国際研究センター

病原体同定研究グループ

浜田 茂幸

日本・タイ感染症共同研究センター

薬剤耐性菌部門

原 英二

環境応答研究部門

遺伝子生物学分野

堀井 俊宏

寄附研究部門

マラリアワクチン開発寄附研究部門

堀口 安彦

感染機構研究部門

分子細菌学分野

松浦 善治

感染機構研究部門

分子ウイルス分野

三木 裕明

環境応答研究部門

細胞制御分野

三室 仁美

感染機構研究部門

感染微生物分野

村上 良子

寄附研究部門

籔本難病解明寄附研究部門

山﨑 晶

生体防御研究部門

分子免疫制御分野

山本 雅裕

感染機構研究部門

感染病態分野

吉岡 靖雄

BIKEN次世代ワクチン協働研究所

ワクチン創成グループ

神⾕ 亘(招へい教授)

感染症国際研究センター

臨床感染症学研究グループ

松浦 善治

BIKEN次世代ワクチン協働研究所

協働研究所概要