高倉 伸幸

Profile

1997年京都大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。1997-2001年熊本大学医学部および発生医学研究センターで助手〜助教授。2001年金沢大学がん研究所、教授。2006年大阪大学微生物病研究所、教授。

Publication

  • (1) Regnase-1-mediated post-transcriptional regulation is essential for hematopoietic stem and progenitor cell homeostasis. Kidoya H. et al., Nat Commun. (2019) 10(1):1072.
  • (2) TAK1 prevents endothelial apoptosis and maintains vascular integrity. Naito H., et al., Dev Cell. (2019) 48(2):151-166.e7.
  • (3) CD157 marks tissue-resident endothelial stem cells with homeostatic and regenerative properties. Wakabayashi T., et al., Cell Stem Cell 22(3):384-397, 2018.
  • (4) APJ regulates parallel juxtapositional alignment of arteries and veins in the skin. Kidoya H., et al., Dev Cell (2015) 33(3):247-59.
  • (5) A role for hematopoietic stem cells in promoting angiogenesis. Takakura N., et al., Cell (2000) 102(2):199-209.
  • (6) Critical role of the TIE2 endothelial cell receptor in the development of definitive hematopoiesis. Takakura N., et al., Immunity (1998) 9(5):677-86.

青枝 大貴

寄附研究部門

細胞性免疫寄附研究部門

審良 静男

生体防御研究部門

自然免疫学分野

荒瀬 尚

生体防御研究部門

免疫化学分野

伊川 正人

遺伝情報実験センター

遺伝子機能解析分野

飯田 哲也

難治感染症対策研究センター

細菌感染分野

石谷 太

環境応答研究部門

生体統御分野

岩﨑 正治

感染症国際研究センター

新興ウイルス感染症研究グループ

岩永 史朗

難治感染症対策研究センター

分子原虫学分野

蝦名 博貴

BIKEN次世代ワクチン協働研究所

ウイルスワクチングループ

岡田 雅人

環境応答研究部門

発癌制御研究分野

岡本 徹

感染機構研究部門

高等共創研究院

木下 タロウ

寄附研究部門

籔本難病解明寄附研究部門

小林 剛

難治感染症対策研究センター

ウイルス免疫分野

塩田 達雄

感染機構研究部門

ウイルス感染制御分野

鈴木 一博

生体防御研究部門

免疫応答動態分野

Standley, Daron

遺伝情報実験センター

ゲノム情報解析分野

巽 正志

日本・タイ感染症共同研究センター

ウイルス感染部門

中村 昇太

感染症国際研究センター

病原体同定研究グループ

浜田 茂幸

日本・タイ感染症共同研究センター

薬剤耐性菌部門

原 英二

環境応答研究部門

遺伝子生物学分野

堀井 俊宏

寄附研究部門

マラリアワクチン開発寄附研究部門

堀口 安彦

感染機構研究部門

分子細菌学分野

前田 裕輔

感染症国際研究センター

ウイルス動態研究グループ

松浦 善治

感染機構研究部門

分子ウイルス分野

三木 裕明

環境応答研究部門

細胞制御分野

三室 仁美

感染機構研究部門

感染微生物分野

村上 良子

寄附研究部門

籔本難病解明寄附研究部門

山﨑 晶

生体防御研究部門

分子免疫制御分野

山本 雅裕

感染機構研究部門

感染病態分野

吉岡 靖雄

BIKEN次世代ワクチン協働研究所

ワクチン創成グループ

渡辺 登喜子

感染機構研究部門

分子ウイルス分野

神⾕ 亘(招へい教授)

感染症国際研究センター

臨床感染症学研究グループ