研究成果

年度を選択:

造血幹細胞休眠状態誘導の分子機構を解明(高倉研がNat Commun誌に発表)

本研究所情報伝達分野 賈維臻特任研究員、高倉伸幸教授らの研究グループは、Galectin-3 (Gal-3) による造血幹細胞休眠状態の誘導とその分子機構を明らかにした。

造血幹細胞は血液細胞...

研究成果詳細へ

ピロリ菌の持続感染メカニズムを解明(三室研がNat Commun誌に発表)

感染微生物分野の木下 遼 助教、三室 仁美 准教授らの研究グループは、ヒトに胃がんを発症させるピロリ菌が、small RNA(※1)によって病原因子の発現を調節して胃内環境に適応して、持続感染と...

研究成果詳細へ

腎臓切除後の代償性肥大の仕組みを解明(岡田研がLife Science Allianceに発表)

本研究所発癌制御分野梶原健太郎助教、岡田雅人教授らの研究グループは、腎臓切除後に残った腎臓が代償的に肥大化する代償性肥大※1の新たな仕組みを世界で初めて明らかにしました。

腎臓の一部を切除する...

研究成果詳細へ

生体のマグネシウムイオン輸送の構造基盤を解明(三木研がScience Advancesに発表)

本研究所細胞制御分野 船戸洋佑助教、三木裕明教授らの研究グループは、中国・復旦大学の服部素之教授らとの共同研究により、マグネシウムイオン(Mg2+, ※1)排出トランスポーターCorC/CNNM...

研究成果詳細へ

精子ミトコンドリア鞘形成の分子メカニズムを解明(伊川研がPNASに発表)

大阪大学 微生物病研究所の嶋田 圭祐 助教、伊川 正人 教授らの研究グループは、ベイラー医科大学(米国)のMartin M. Matzuk(マーティン M. マツク)教授らとの国際共同研究により...

研究成果詳細へ