新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応

2020年4月1日

その他活動

微生物病研究所では、ウイルスを含む感染症の基礎研究所として、新型コロナウイルス感染症COVID-19克服にむけた研究開発と、科学的に正確な情報発信を展開しています。

感染症研究教育拠点連合によるCOVID-19対応
感染症の克服に向けてオールジャパン体制のネットワークを形成する感染症研究教育拠点連合(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター 東京大学医科学研究所、大阪大学微生物病研究所、長崎大学熱帯医学研究所)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行において、制圧に向けた活動を行っています。
西日本3機関連携にる新型コロナウイルス感染症ワクチンと検査技術の開発
本研究所と、一般財団法人阪大微生物病研究会(BIKEN財団)、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所(医薬健栄研)は、新型コロナウイルス感染症のワクチンおよび検査技術の開発に着手しました。3機関が有するワクチン開発・実用化にむけた研究資源・ノウハウを活用し、すみやかな臨床試験開始を目指します。さらに、この連携体制を発展させ、新興感染症の予防と制御に向けた研究開発を行うプラットフォームとして整備します。
微生物病研究所からのコロナウイルス情報

コロナウイルスに関して、基礎研究所の立場から科学的に正確な情報を掲載しています。基礎研究所ならではの最先端ウイルス研究情報もありますので、どうぞご参照ください。

 

 

 

お知らせ一覧に戻る