トップページ

BIKEN次世代ワクチン協働研究所ワクチン創成グループのHPへようこそ!

我々の研究室は平成27年1月に開設した新しい研究室です。

昨今のエボラ出血熱、デング熱やMERSの猛威、近年の新型インフルエンザのパンデミックなどからも明らかなように、病原性ウイルス・細菌による感染症は未だ、ヒトの健康維持における圧倒的脅威となっています。その点、最強で最善の予防・治療手段であるワクチンの開発が、感染症の克服に向けての鍵となっているものの、ワクチンの存在しない感染症や、ワクチンが存在しても効果が不十分なものも多数存在しています。

我々は、薬物送達学や安全科学・毒性学といった薬学的観点から、「抗原送達法とアジュバントの開発、そして安全科学/毒性学的観点からの安全性確保」を目指しており、「ワクチン効果」は当たり前で、老若男女が安全・安心に接種できるワクチン開発を目指しています。現在は、インフルエンザウイルス、肺炎球菌、マイコプラズマニューモニエを含めた様々な感染症に対するワクチン開発を目指し、1)樹状細胞標的化ペプチドによる抗原送達キャリアの開発、2)アジュバントの免疫誘導機序解明に基づく、新たなアジュバント開発、3)より有効なインフルエンザワクチンの開発、4)マイコプラズマ肺炎の病態理解とワクチン開発などを進めています。特に、ワクチン開発のリーディングカンパニーである一般財団法人 微生物病研究会との強固な連携のもと、10年後の感染症ワクチンを本気で創ることを目標としています。<詳しい内容は「研究内容をご覧下さい」>

BIKEN次世代ワクチン協働研究所の他の研究室(ウイルスワクチングループ)とのオープンスペースの研究室で、喧々諤々と議論しつつ、研究推進しています。

大学院生大募集中!

博士前期(修士)・後期課程の学生を募集中です!
・ワクチンを創りたいひと
・免疫に興味があるひと
・感染症に興味があるひと
・面白いことがやりたいひと
・よくわからないけど、、、やる気のあるひと
出身大学・学部・専門を問いません。やる気が全てです!
一緒に、ワクチンを通して世界に貢献しましょう!

ワクチン創成プロジェクトは、大阪大学大学院薬学研究科の協力分野(創薬ナノデザイン学分野)になっています。薬学研究科の大学院入試を受験し、薬学研究科の学生として、我々と共に研究することになります。

興味のある人は、
吉岡靖雄 y-yoshioka%biken.osaka-u.ac.jp<%は@に変えてください>
まで気軽にご連絡ください

新着情報

2020年6月
民谷繁幸さん(博士4年生)が筆頭著者の論文がVaccineに採択されました。
     河合惇史さん(博士1年生)が筆頭著者の論文がHeliyonに採択されました。
2020年3月30日
澁谷銘人さん(修士1年生)が筆頭著者の論文がJ Virolに採択されました。
2020年3月
吉川英佑さん(4回生)が大阪大学薬学部 沢井記念薬友会章 スタートアップ賞を受賞しました。
2019年12月24日
HPの更新が滞っていました。メンバー、業績、研究内容などを更新しました。<白井さん(修士2年生)が筆頭著者の論文がFront Immunolに採択されました。>
2018年7月31日
業績を更新しました。また、研究員の三里一貴さんが、第34回日本DDS学会学術集会において、優秀発表賞を受賞しました。
2018年4月9日
久々に更新しました。
2017年6月16日、4月27日、2月3日、2016年11月22日
HP・業績を更新しました。
2016年8月10日
業績を更新しました<微研に異動前からの研究(吉岡がコレスポンディングオーサー)がACS Nano誌(IF: 13.3)に公表されました>。2016年9月9日の共同通信、および2016年9月15日の朝日新聞に掲載されました。
2016年6月2日
業績を更新しました<微研に異動前からの研究(吉岡がコレスポンディングオーサー)がNature Nanotechnology誌(IF: 35.2)に公表されました>。6月10日に大阪大学中之島センターで記者発表しました。2016年6月1日の朝日新聞デジタル、2016年6月10日の日本経済新聞電子版、共同通信および、大阪日日新聞(2016.6.12朝刊23面)、産経新聞(2016.6.11朝刊26面)、日本経済新聞(2016.6.11朝刊38面)、朝日新聞(2016.6.11夕刊6面)などで紹介されました。
2016年4月6日
メンバー、業績などを更新しました。
2016年3月10日
業績などを更新しました。
2015年6月26日
遅くなりましたがHPを開設しました。
2015年1月
研究室が始動しました。