業績(2022年)

原著論文

1. Yoshikawa E, Tamiya S, Inoue Y, Suzuki K,Yoshioka Y (コレスポンディングオーサー).Vaccine using community-acquired respiratory distress syndrome toxin as an antigen against Mycoplasma pneumoniae in mice.Biochem Biophys Res Commun. 2022 Jan 19;594:81-87.

2. Hashimoto R, Takahashi J, Shirakura K, Funatsu R, Kosugi K, Deguchi S, Yamamoto M, Tsunoda Y, Morita M, Muraoka K, Tanaka M, Kanbara T, Tanaka S, Tamiya S, Tokunoh N, Kawai A, Ikawa M, Ono C, Tachibana K, Kondoh M, Obana M, Matsuura Y, Ohsumi A, Noda T, Yamamoto T, Yoshioka Y, Torisawa YS, Date H, Fujio Y, Nagao M, Takayama K, Okada Y. SARS-CoV-2 disrupts respiratory vascular barriers by suppressing Claudin-5 expression. Sci Adv. 2022 Sep 23;8(38):eabo6783.

3. Kitagawa S, Matsuda T, Washizaki A, Murakami A, Yamamoto T, Yoshioka Y(コレスポンディングオーサー) . NPJ Vaccines. in press

書籍・総説など

1. 吉岡靖雄. ワクチン学への誘い. 24-28. 第74巻. 第1号. 2022年. 生産と技術.

2. Hirai T, Yoshioka Y. Considerations of CD8 + T Cells for Optimized Vaccine Strategies Against Respiratory Viruses. Front Immunol. 2022 Jun 15;13:918611.

招待講演 (国内)

1. 吉岡靖雄. 感染症に対する経鼻ワクチンプラットフォームの開発. 日本薬学会第142年会. 2022年3月27日. 名古屋(web開催)

2. 吉岡靖雄. DDSを基盤とした感染症ワクチン研究. 第38回日本DDS学会学術集会. 2022年6月29日. 岡山(web開催)

3. 吉岡靖雄. 感染症対策に資する新規ワクチン開発に向けて. 第300回月例薬学セミナー(静岡県立大学). 2022年7月25日. 静岡

4. 吉岡靖雄. 感染症対策に資する新規ワクチン開発に向けて. 第165回日本獣医学会学術集会. 2022年9月6日. 神奈川(web開催)

受賞

1. 河合惇志さん(博士課程3年)が、日本薬剤学会第37年会(5月)において、2つの賞(SNPEE2022優秀発表者賞、最優秀発表者賞)を受賞しました。<河合惇志、吉岡靖雄:生体内抗体を活用した経鼻ワクチン送達技術の開発>

2. 民谷繁幸さん(現在は和歌山県立医科大学・助教)が、第49回日本マイコプラズマ学会学術集会(5月)において優秀発表賞を受賞しました。<民谷繁幸、吉川英佑、吉岡靖雄:マイコプラズマニューモニエ由来CARDS toxinの機能解析と新規ワクチン抗原としての有用性評価>

アウトリーチ

1. 2022年7月15日:大阪府立大手前高等学校の生徒に、感染症に対するワクチン開発についてレクチャーしました。

2. 2022年7月22日:武庫川女子大学附属高等学校の生徒に、感染症に対するワクチン開発についてレクチャーしました。