高度副プログラム「感染症学免疫学融合プログラム」

感染症学と免疫学の両方に精通する研究者の育成を目指します

新型インフルエンザといった新興感染症や社会的に影響の大きいAIDSやマラリア等の感染症の治療法の開発には、宿主側の免疫応答の理解が欠かせません。 また、近年、常在微生物による免疫系に対するインパクトが自己免疫疾患の発症に大きく寄与していることも分かってきており、こうした免疫系疾患の治療法の開発には微生物と宿主の相互作用の理解が不可欠です。 これらの理由から、従来別個の学問として発展してきた感染症学と免疫学の両方に精通している研究者の育成が重要な課題となってきています。
本高度副プログラムでは、そのような研究者の養成を目指して、微生物病研究所免疫学フロンティア研究センター医学系研究科という感染症学、免疫学のトップレベルの研究者が多数集積している有利な環境を最大限に生かした教育を行います。 感染症学と免疫学の分野の第一線の講師陣が、この領域で指導的な役割を果たせる研究者の育成を実践的に行います。

このプログラムは2年間の課程で、受講開始は、偶数年度・奇数年度のどちらからでも可能です。感染症学免疫学融合プログラム1、2及びアドバンストプログラム1、2は全て必修であり、これらの科目10単位を全て取得することを修了の要件とします。感染症学免疫学融合プログラム及びアドバンストプログラムの、1、2は異なった講師によって行われます。

感染症学と免疫学の両方に精通する研究者の育成

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

対象 博士(後期)課程 ※修了には2年間の受講が必要
単位 2年で10単位 開講年度
授業科目 感染症学免疫学融合プログラム1 25DP01 4単位 通年 偶数年度のみ
感染症学免疫学融合プログラム2 25DP02 4単位 通年 奇数年度のみ(2017年度開講)
アドバンストプログラム1 25DP03 1単位 通年 偶数年度のみ
アドバンストプログラム2 25DP04 1単位 通年 奇数年度のみ(2017年度開講)

感染症学免疫学融合プログラム

学内の感染症学と免疫学の分野の第一線の講師陣が、(1) 基本概念のレクチャーと (2) 関連する領域の重要な文献に関するディスカッションという2つを1ユニットとして、感染症学・免疫学の基礎概念から病原体と宿主の免疫系との相互作用までを包括的に理解することを目的とします。
基本的に毎週火曜日午前中(10 時30 分~12 時)、場所は主に微研内。

スケジュールはこちら

アドバンストプログラム

学外から招へいした感染症学・免疫学の第一線の講師陣による専門的なレクチャーにより、感染症学・免疫学に関する最新の知識を得ることを目的とします。
基本的に毎月1回、夕方(16時頃)開催予定、場所は微研内。

詳細はこちら

受講登録方法

2017年度高度副プログラム登録期間 2017年4月3日(月)~4月28日(金)

※下記の1-3の順に全てに登録が必要です。

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

システム 登録方法

1.プログラム申請

KOAN

URL https://koan.osaka-u.ac.jp/KOAN 「副専攻・高度副プログラム」から受講ガイダンスシステムで登録
申請受付期間 2017年4月3日(月)~4月28日(金)

「感染症学免疫学融合プログラム」

※ 前年度から引き続いて受講される場合は、この登録は不要です。

PDFファイルの2ページ目をご参考下さい。

2.履修申請

KOAN

URL : https://koan.osaka-u.ac.jp/
履修登録期間 : 所属研究科にてお尋ね下さい。
  • 感染症学免疫学融合プログラム2 25DP02(火曜2限)
  • アドバンストプログラム2 25DP04(集中講義など)

※ 本プログラムは「感染症学免疫学融合プログラム」「アドバンストプログラム」の2つから構成されているため上記2つの科目の登録が必要です。

3.受講者情報登録

講義場所の変更などをお知らせする為、上記1,2の履修登録後に、事務局に登録をお願いします。 下記7点をメール、または登録フォームでお知らせ下さい。

  • 名前(アルファベット表記を添えて)
  • 学年
  • 部局
  • 所属(○○分野)
  • 指導教授
  • E-mailアドレス(変更のお知らせなどを受信できるアドレス)
  • ラボ電話番号(内線)

登録時の注意点

  • 本プログラムは2年間の課程です。修了のためには受講開始は最終学年でないことが条件です。
  • 受講開始は1(偶数年度)、2(奇数年度)のどちらが先でも構いません。
  • 本プログラムを履修すれば単位が取得できますが、本課程卒業のための必修単位とは関係ありません。
  • 感染症学免疫学融合プログラム1、2及びアドバンストプログラム1、2は全て必修であり、これらの科目10単位を全て取得することを修了の要件とします。(全て取得していませんと、それぞれの科目の単位は認められますが、本プログラムの修了は出来ません。)
  • 「感染症学免疫学融合プログラム」「アドバンストプログラム」ともに出席簿への記名で出席を管理します(不正は禁止)
  • 欠席は欠席として取り扱われます(事情がある場合の欠席でも、他の回に出席することでカバーしてください)
  • 論文抄読会では、論文を必ず事前に読み、background, figure, implication(実験結果が示唆すること)について予習した上で授業に臨んでください。
  • 「修了証」は本プログラム修了時ではなく、本課程を卒業される際にお渡しします。
  • 聴講生も受け入れます。詳細は下記までご連絡ください。

News

高度副プログラム 「感染症学免疫学融合プログラム」 2017年度受講生を募集します。

登録期間 2017年4月3日(月) から 2017年4月28日(金)
対象 大阪大学大学院博士(後期)課程

感染症学免疫学融合プログラム ガイダンスを開催します

日時 2017年4月11日(火)午前10時30分から11時
場所 微生物病研究所 本館1階微研ホールにて(吹田キャンパス)
対象 大阪大学大学院博士(後期)課程

ポスターはこちら

  • ※ガイダンスへの参加申し込みは必要ありません
  • ※ガイダンスに参加できない場合、下記に連絡をいただきましたら詳細の資料をお送りいたします。
    微生物病研究所 感染症学免疫学融合プログラム推進室(:内線8320)

副専攻/高度副プログラム 合同ガイダンス2017を開催します

日時 4月11日(火)11:30~13:30 4月14日(金)11:30~13:30
場所 産学連携本部C棟3階 e-square さいえんす工房(吹田) 基礎工学国際棟1階 セミナー室(豊中)
詳細はこちら