[実は日本人が大きな貢献!] 2020年ノーベル賞特集

2020年10月23日

新着情報

2020年ノーベル医学・生理学賞はC型肝炎ウイルスの研究功績により英米の研究者3名に、化学賞は遺伝子を自在に書き換えられる新たな「ゲノム編集」技術を開発した仏米の研究者2名に受賞者がきまりました。実はどちらの研究にも日本人が大きく貢献しています。

このページでは、授賞対象となった研究と、日本人の貢献をくわしく解説します。

2020年ノーベル医学・生理学賞「C型肝炎ウイルスの発見は何がすごい?」
C型肝炎ウイルスの発見に日本人の大きな貢献 (2020.10.23 update)
今回のノーベル賞を受賞したホートン博士とも関わりの深い、松浦善治教授にお話を伺いました。
2020年ノーベル化学賞「ゲノム編集技術」って何?
ゲノム編集技術CRISPR-Cas9システムのきっかけは微生物病研究所が発祥(近日公開!)
今回の授賞対象となったゲノム編集技術CRISPR-Cas9システムは、実は大腸菌の遺伝子の研究がきっかけとなっています。
 

 

 

お知らせ一覧に戻る