病気のバイオサイエンス

学部学生(主に1年生)対象の授業プログラムです。基礎医学の研究がどのように実際の医療に応用されていくのかを解説し、現代医療の進歩を学びます。
授業プログラムは、最先端の基礎医学とそれが活用されるプロセスを学ぶことで、バイオサイエンスが社会に対してもつ潜在的な可能性を意識し、
大学におけ る学術研究の意義を自ら考えられるように構成されています。

H29年度「病気のバイオサイエンス」講義日程

第Ⅰセメスター 金曜日1限(8:50-10:20)

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

担当 タイトル
1回 4月14日 原 英二 がんと老化を制御する細胞老化の仕組みと役割
2回 4月21日 野崎正美 テラトーマからiPS研究へ
3回 4月28日 三輪岳志 遺伝子を改変した生物を創る方法
4回 5月12日 後藤直久 コンピューターで遺伝子を探る
5回 5月19日 中山英美 HIV感染症
6回 5月26日 吉岡靖雄 ワクチン開発の最前線
7回 6月2日 佐藤慎太郎

粘膜免疫のユニーク性

8回 6月9日 荒瀬 尚 病原体と免疫の攻防
9回 6月16日 飯田哲也

食中毒

10回 6月23日 末永忠広 ヘルペスウイルス感染と症状の関係
11回 6月30日 山本雅裕 トキソプラズマ原虫を科学する
12回 7月7日 前田裕輔 糖鎖と疾患
13回 7月14日 前田和彦 核酸と生体防御システム
14回 7月21日 藪田紀一 細胞周期と癌の悪性化
試験 7月28日 岩本 亮 試験
15回 8月4日   補講日

第Ⅱセメスター 水曜4限(14:40-16:10)

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

1回 10月4日 岩本 亮 増殖因子と疾患
2回 10月11日 鈴木一博 神経系と免疫系:「病は気から」のメカニズム
3回 10月18日 小林 剛 エマージングウイルス感染症
4回 10月25日 児玉年央 食中毒の科学
5回 11月1日 三木裕明 がんの悪性化と転移
6回 11月8日 渡邉すぎ子 DNA損傷と疾患
7回 11月15日 名田茂之 がん細胞の生存戦略
8回 11月22日 堀口安彦 細菌感染の舞台裏
9回 11月29日 神谷 亘 ウイルスによるタンパク質合成装置のハイジャック
10回 12月6日 堀井俊宏 寄生虫病とマラリアワクチン開発
11回 12月13日 伊川正人 ゲノム編集が開く生命科学の未来
12回 12月20日 中村昇太 病気と腸内細菌叢
13回 1月10日 高倉伸幸 血管新生の分子機構
14回 1月17日 青枝大貴 免疫の仕組みとワクチン
試験 1月24日 岩本 亮 試験
15回 1月31日   補講日