感染症国際研究センター  センター概要

感染症国際研究センターは、北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター、東京大学医科学研究所附属感染症国際研究センター、長崎大学熱帯医学研究所と連携し、感染症に対する国内研究体制の整備・推進と人材養成の拠点形成を目的として平成17年に設立されました。

センター内には下記グループが設置され、感染症に対する先端的な医学・生物学の研究を行っています。

また、病原微生物資源室では、保有する病原微生物株などの研究資源に関するデータベースを研究者コミュニティーに提供し、研究資源の共有と分配による感染症研究の発展に貢献しています。

  • 新興ウイルス感染症研究グループ

  • 病原体同定研究グループ

  • ウイルス動態研究グループ

  • 新興感染症対策研究グループ
  • 病原微生物資源室