感染機構研究部門  分子ウイルス分野/松浦研究室

ウイルスは我々よりも遥かに細胞を知り尽くしており、宿主細胞を巧みに利用して増殖します。分子ウイルス分野では、C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルス、日本脳炎ウイルスに着目し、細胞を熟知したウイルスが教えてくれる細胞の仕組みや生命現象の理解を目指して研究を進めています。

肝炎ウイルスの分子生物学

C型肝炎ウイルス(HCV)は、肝硬変や肝細胞癌の主要な原因ウイルスで、国内では約180万人、世界で1億7千万人もの感染者が存在すると推測されています。近年、HCVのタンパク質に直接作用する治療薬が開発され、C型肝炎患者からHCVを排除できるようになりましたが、薬が効かない耐性ウイルスの出現が懸念されています。また、ウイルスを排除しても肝癌の発症率は依然として高く、ウイルスがいなのにどうして発癌するのか、そのメカニズムは分かっていません。
HCVは細胞に侵入すると、自らのRNAをタンパク質に翻訳し、細胞のタンパク質分解酵素や細胞内小器官を利用して増殖します。つまり、HCVなどのウイルスは、生きた細胞を利用して増殖し病原性を発揮します。分子ウイルス研究分野では、HCVの増殖と病原性発現に関与する宿主因子を同定し、ウイルスと宿主の攻防と共生の理解を目指しています。
これまでに、HCVのコアタンパク質がウイルス粒子の形成だけでなく、脂肪肝や肝細胞癌の発症に関与することや、宿主側の分子シャペロンやアポリポタンパク質がウイルスの複製や粒子形成にそれぞれ関与することを明らかにしました。
これらの分子機構の解析により、HCVの感染や増殖機構が明らかになり、宿主側の因子を標的にした抗ウイルス剤や、肝癌の発症を予防できる薬の開発も可能になると思われます。HCVに加え、B型肝炎ウイルスやHCVと同じフラビウイルス属の日本脳炎ウイルスの研究も進めています。

バキュロウイルスベクターの開発

先端治療の要となる遺伝子治療には、安全かつ効率よく遺伝子を体内に導入するための「運び屋」として働く「遺伝子導入ベクター」の開発が不可欠です。当研究分野では、昆虫に感染するバキュロウイルスが、哺乳類の細胞では増殖しないものの、細胞に侵入して核内に外来遺伝子を導入できることを明らかにしました。このバキュロウイルスを利用して安全で効率のよい遺伝子導入ベクターの開発を進めています。

メンバー

  • 教授: 松浦 善治
  • 准教授: 前田 裕輔
  • 准教授: 岡本 徹
  • 准教授: 福原 崇介
  • 特任助教: 小野 慎子
  • 特任研究員: 鈴木 達也

ホームページ

最近の代表的な論文

  • (1) Characterization of SPP inhibitors suppressing propagation of HCV and protozoa. Hirano J etal. Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Dec 12;114 (50):E10782-E10791.
    (2) Host-derived apolipoproteins play comparable roles with viral secretory proteins Erns and NS1 in the infectious particle formation of Flaviviridae. Fukuhara T et al., PLoS Pathog. 2017 Jun 23;13(6):e1006475.
    (3) Characterization of miR-122-independent propagation of HCV. Ono C, et al. PLoS Pathog. 2017 May 11;13(5):e1006374.
    (4) TRC8-dependent degradation of hepatitis C virus immature core protein regulates viral propagation and pathogenesis. Aizawa S. & Okamoto T., et al. Nat. Commun. (2016), doi: 10.1038/ncomms11379.
    (5) Lipoprotein receptors redundantly participate in entry of hepatitis C virus Yamamoto S. & Fukuhara T.,et al. PLoS Pathog. (2016), doi: 10.1371/journal. ppat.1005610.