共通施設  放射性同位元素実験室

微生物病研究所では放射性同位元素を用いる実験を行うための施設として1967年にRI共同実験室が設置されました。現在は免疫学フロンティア研究センター棟9階RI実験室、北館1階137Csガンマ線照射室において放射性同位元素を用いた実験が行われています。放射線管理区域内には実験室、培養室に加え、放射性同位元素貯蔵室、廃棄物保管室、浄化設備、各種研究目的にあわせた放射線測定機器室等が設けられています。放射線管理区域への入退室はID番号により集中管理されており、放射性同位元素の使用の記録等もコンピュータ管理され、安全性を保持しています。

メンバー

  • 室長(兼): 三木 裕明