日本・タイ感染症共同研究センター  ウイルス感染部門

ウイルス感染部門では、タイおよびわが国を含むアジア諸国で感染が繰り返されているウイルス性腸管感染症と蚊媒介性感染症を研究対象に、タイ王国保健省医科学局の研究者とともに研究を推進しています。

 

熱帯に位置するタイ王国には、様々な蚊媒介性ウイルス感染症が蔓延しています。それら蚊媒介性ウイルスは、タイ王国と国交が盛んな日本を含めた世界各国へ伝播する可能性があります。そのため、蚊媒介性ウイルスの基礎的研究に基づいた感染への対策法の確立は、防疫における重要な課題です。タイ王国に分布が認められる蚊媒介性ウイルスのうち、チクングニア熱の原因因子であるチクングニアウイルスの細胞への感染過程について、分子生物学的および免疫学的手法を用いて解析しています。また、デング熱の原因因子であるデングウイルスに対するワクチン開発を目指した、抗デングウイルス抗体の基礎的研究を開始します。 

例年、世界各国に認められるノロウイルスの感染を原因とする急性胃腸炎は、公衆衛生における問題の一つです。ウイルスゲノムの変異や組換えによるウイルスの多様化が、宿主免疫からの回避と持続的な蔓延を可能にしていると考えられています。しかしながら、どの様にウイルスが多様化するのか、どの様にウイルスがヒト社会で保持されているのかは十分に理解されていません。疫学調査に基づいたゲノム変異を伴う流行株の変化の把握とノロウイルスの生活環の解明を目指して研究を行っています。 

メンバー

  • 教授(兼) :小林 剛
  • 特任講師: 水島 寛人
  • 特任講師: 山中 敦史

ホームページ

最近の代表的な論文

  • (1) Identification of GII.14[P7] norovirus and its genomic mutations from a case of long-term infection in a post-symptomatic individual. Nonthabenjawan N et al., Infect. Genet. Evol. 86:104612 (2020).
    (2)Norovirus transmission mediated by asymptomatic family members in households. Phattanawiboon B et al., PLoS One 15(7):e0236502 (2020).
    (3) Anti-chikungunya virus antibody that inhibits viral fusion and release. Tumokosit U et al., J. Virol. 94(19):e00252-20 (2020).
    (4)The use of green fluorescent protein-tagged virus-like particles as a tracer in the early phase of chikungunya infection. Tumokosit U et al., Virus Res. 272:197732 (2019).
    (5)The dynamics of norovirus genotypes and genetic analysis of a novel recombinant GII.P12-GII.3 among infants and children in Bangkok, Thailand between 2014 and 2016. Boonchan M et al., Infect. Genet. Evol. 60:133-139 (2018).