難治感染症対策研究センター  ウイルス免疫分野/小林研究室

ウイルス免疫分野では、研究室で独自に開発したウイルスの遺伝子操作系を活用し、ウイルスの病態発現機序解明や、新規ワクチンなどの治療法開発を目指し研究を展開しています。

 

レオウイルス科のウイルスは、10〜12分節に分かれた2本鎖RNAをゲノムに持つウイルスで、下痢症状を引き起こすことで知られるロタウイルスなどが属します。研究室では世界に先駆けてレオウイルスの遺伝子操作法を開発し、遺伝子組換えウイルスを人工的に作製する実験系を用いて研究を展開してきました。特に最近ではロタウイルスの遺伝操作系確立に世界で初めて成功し、遺伝子組換えロタウイルスを用いて、ウイルスの複製・病態発現機序の解明、新規ワクチンの開発を目指し研究を進めています。 また、長く非病原性のウイルスであると見なされていたレオウイルスのうち、コウモリ起源のネルソンベイレオウイルスはヒトへの感染により重篤な病原性を示す例が近年報告されています。研究室では、ネルソンベイレオウイルスの遺伝子操作系を用い、病原性獲得機序の解明にむけた解析を行っています。

一方で、がん遺伝子Rasが活性化している腫瘍細胞で選択的に増殖し、細胞を溶解するという興味深い特徴を持つ哺乳類レオウイルスにも着目し、遺伝子組換えウイルスによるがん治療法や、がん細胞を可視化できるツールなど、ウイルスの医療応用を目指し研究を進めています。

  • ロタウイルスの人工合成:11分節に分かれた全ロタウイルスゲノムと、細胞融合性タンパク質FASTおよびRNAキャッピング酵素を細胞内に遺伝子導入し、人工的に遺伝子組換えウイルスをつくる。

メンバー

  • 准教授: 小林 剛
  • 助教: 金井 裕太
  • 特任研究員: 浜島 りな

ホームページ

最近の代表的な論文

  • (1) Development of stable rotavirus reporter expression systems. Kanai Y., et al., (2019) J. Virol. 93:e01774-18
    (2) Lethal murine infection model for human respiratory disease-associated Pteropine orthoreovirus. Kanai Y., et al., Virology (2018) 514:57-65.
    (3) Entirely plasmid-based reverse genetics system for rotaviruses. Kanai Y., et al., (2017) Proc Natl Acad Sci U S A. 114:2349-2354.
    (4) Reverse genetics for fusogenic bat-borne orthoreovirus associated with acute respiratory tract Infections in humans: role of outer capsid protein sigmaC in viral replication and pathogenesis. Kawagishi T., et al., PLoS Pathog. (2016) 12:e1005455.