老化と癌化の接点を探る

近年、癌は日本人の死因のトップになってきています。この原因として主に食生活や生活環境などの変化があげられていますが、寿命の延長も主な要因の一つと考えられます。 昭和初期まで日本人の平均寿命は男女共に50歳ほどでしたが、いまや、女性は85歳、男性も80歳に迫る勢いで伸び続けています。 癌の発症率は年齢とともに高くなる傾向にあるため、平均寿命の延長と伴に、癌の発症率が高くなることはいわば当然のこととも言えます。 では、なぜ老化とともに発癌のリスクが高くなるのでしょうか?老化と癌化はどのような関係にあるのでしょうか? 我々はこの謎を解く鍵が「細胞老化」にあると考え、細胞老化の分子機構とその生体内での役割の解明を目指した研究を行っています。 これらの研究を通して癌と老化の効果的な予防法や治療法の開発に貢献できればと願っております。




原 英二


国立大学法人 大阪大学 教授
微生物病研究所 遺伝子生物学分野
免疫学フロンティア研究センター 老化生物学(兼任)
大学院医学系研究科 生体防御医学講座(協力講座)
大学院生命機能研究科 がん生物学研究室(協力講座)

Last Update: 2019. 11. 14
News&Topics


<< 大阪大学微生物病研究所のホームページへのリンク

<< 免疫学フロンティア研究センターのホームページへのリンク

<< AMED老化メカニズムの解明・制御プロジェクトのホームページへのリンク

<< ICSA 2020 Conference のホームページへのリンク

<< International Cell Senescence Association (ICSA) へのリンク
Copyrights (c) 2015 Hara Laboratory. All Rights Reserved