原研究室主催のセミナー

2018.9.14
Elaine Sanij 博士 (オーストラリア Peter MacCallum Cancer Centre・上級研究員)
Activation of nucleolar DNA damage response as a novel therapeutic strategy for ovarian cancer
16:00-17:00 大阪大学 微生物病研究所 本館1F 微研ホール
2018.2.20
Guang-Hui Liu 博士 (中国 国立生体高分子研究所・教授)
Using stem cell and gene editing techniques to study and treat aging-associated disorders
11:00-12:00 大阪大学 微生物病研究所 本館1F 微研ホール
2018.2.2
John M. Sedivy 先生 (米国 ブラウン大学・教授)
Senescent Somatic Retrotransposition in Cellular Senescence and Aging
16:00-17:00 大阪大学 微生物病研究所 本館1F 微研ホール
2017.6.12
Darren J. Baker 博士 (米国 メイヨー・クリニックl・助教授)
Senescent cell involvement in aging and age-related disease
16:00-17:00 大阪大学 微生物病研究所 本館1F 微研ホール
2016.11.11
Han Li 博士 (フランス パスツール研究所l・グループリーダー)
Impact of cellular senescence on cellular plasticity and tissue regeneration
15:00-16:00 がん研究所3Fセミナー室A
2016.11.4
Nadine Martin 博士 (フランス リヨン癌研究センター・研究員)
Screening for regulators of cellular senescence
16:00-17:00 大阪大学 微生物病研究所 本館1F 微研ホール
2016.8.24
今井 眞一郎 博士 (米国 ワシントン大学 医学部・教授)
Achieving Productive Aging in Japan: The systemic regulatory mechanism of mammalian aging and longevity and anti-aging intervention
17:30-18:30 大阪大学 最先端医療イノベーションセンター1Fマルチメディアホール
2015.7.10
河本 新平 博士 (理化学研究所 統合生命医科学研究センター・研究員)
免疫グロブリンAとFox3+T 細胞による腸内細菌制御
14:30-15:30 がん研究所3Fセミナー室B
2015.4.14
早野 元詞 博士 (Glenn Labs for the Biological Mechanisms of Aging, Harvard Medical School・ポスドク)
エピジェネティック変化誘導による新規老化モデルマウスの解析
15:00-16:00 がん研究所3Fセミナー室A
2014.10.3
渡邊すぎ子 博士 (九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点 先端がん診断・創薬グループ)
DNA損傷応答におけるクロマチン修飾のクロストーク 抗がん剤治療応答制御と新規治療戦略を目指して
15:00-16:00 がん研究所3Fセミナー室A
2014.9.8
Gen-Sheng Feng 博士 (Professor, University of California San Diego, USA)
Deciphering the Anti-Tumor Effect of Tumorigenic Molecules in Liver Cancer
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2014.6.27
高阪 真路 博士 (Memorial Sloan-Ketterring Cnacer Cener・ポスドク)
肉腫における次世代シーケンサーを用いた分子標的治療法の探索
15:00-16:00 がん研究所3Fセミナー室A
2014.2.28
鐘巻 将人 博士 (国立遺伝学研究所新分野創造センター分子機能研究室・准教授)
DNA複製と相同組換えの交差点:普段は見えない隠れたDNA合成について
15:00-16:00 がん研究所3Fセミナー室A
2014.1.21
Daniel S. Peeper 博士 (Professor, Netherlands Cancer Institute, Amsterdam, Netherlands)
In vivo RNAi screening for novel therapeutic cancer targets
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2013.12.18
小布施 力史 博士 (北海道大学大学院先端生命科学研究院・教授)
HP1の解析から見えてきたヘテロクロマチンの構造と機能
11:00-12:00 がん研究所3Fセミナー室A
2012.11.2
Kevin M. Ryan 博士 (Professor, Beatson Institute for Cancer Research, Glasgow, U.K.)
Autophagy in cell death and cancer
13:00-14:00 がん研究所1F吉田講堂
2012.10.25
Judith Campisi 博士(Professor, Buck Institute for Research on Aging / Lawrence Berkeley National Laboratory, U.S.A.)
Cancer and Aging: Rival Demons?
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2012.10.23
Manuel Serrano 博士(Professor, Spanish National Cancer Research Centre (CNIO), Madrid, Spain)
Tumor Suppressors at the Interface between Cancer and Aging
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2011.11.22
眞貝 洋一 博士(京都大学ウイルス研究所・教授)
ヒストンリジンメチル化による生命機能制御
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2010.11.2
今井 眞一郎 博士(Associate Professor, Washington University, U.S.A.)
Productive Agingを目指して:NADワールドにおけるSIRT1とNAD合成系による代謝・老化のコントロール
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2010.9.27
田矢 洋一 博士(Professor, National University of Singapore)
心筋核内と細胞膜周辺での癌抑制遺伝子産物p53とRB蛋白質の新しい生理機能、およびシンガポールのライフサイエンス
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2010.5.18
Peter Sicinski 博士(Professor, Harvard Medical School, U.S.A., )
Cell cycle machinary in mouse development
16:00・17:00 がん研究所1F吉田講堂
2009.9.25
Pierre Desprez 博士(Group Leader, California Pacific Medical Center, U.S.A.)
Id Genes and Proteins as Novel Therapeutic Targets for Metastatic Cancer
15:00-16:00 がん研究所1F吉田講堂
2009.2.25
K. Lenhard Rudolph 博士(Professor, University of Ulm, Germany)
The role of Chk2 and p53 in stem cell aging induced by telomere dysfunction
13:00-14:00 がん研究所1F吉田講堂
2008.11.2
竹内 隆 博士(三菱化学生命研究所・主任研究員)
心筋細胞の増殖制御機構と分化との相関
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
2008.7.11
杉本 昌隆 博士(国立長寿医療センター・室長)
Hzf may link tumor suppressor pathway to metabolic disorders
16:00-17:00 がん研究所1F吉田講堂
Copyrights (c) 2015 Hara Laboratory. All Rights Reserved