ヒトノロウイルスがアルコール消毒薬により不活化されることを実証(佐藤研がScientific Reportsに発表)

大阪大学微生物病研究所の佐藤慎太郎特任准教授(常勤)(大阪市立大学大学院医学研究院・ゲノム免疫学・准教授を兼務)らの研究グループは、自ら確立したヒトiPS細胞株由来腸管上皮細胞を用いたヒトノロウイルス※ 増殖系を用いて、pHを酸性、もしくはアルカリ性に傾けた消毒用アルコールに、ヒトノロウイルスをほぼ完全に不活化しうる効果があることを確認しました。pHの調整には食品添加物として用いられるクエン酸(市販のレモン果汁でも可)や重曹を用いることができるため、今回の研究成果はアルコール消毒薬の適応範囲を広げる画期的な研究成果であり、抗ヒトノロウイルス活性を持つ手指消毒薬の開発、検証に役立つことが期待されます。

 

ヒトノロウイルスは感染性や消化管内での増殖能が極めて高く、100個程度のウイルス粒子が口に入っただけでも症状を呈す場合があります。そのため、保育施設や病院、高齢者介護施設などで集団感染が起きやすく、患者から排出された便や吐瀉物などの処理には大量の次亜塩素酸ナトリウムを用いて徹底的に行う必要があります。現在、エンベロープを持たないヒトノロウイルスは、洗剤に含まれる界面活性剤はもとより、塩化ベンザルコニウムのような逆性石けんや消毒用アルコールでは不活化されないと考えられています。しかし、次亜塩素酸ナトリウムは皮膚や粘膜に対して刺激が強く、また漂白作用、腐食作用も強いため、手指の消毒や衣服、金属類の除染には用いることが出来ません。

本研究成果により、中性域を外した消毒用アルコールには、次亜塩素酸ナトリウムに引けを取らないヒトノロウイルス不活化効果があることが実証されました。酸性、アルカリ性アルコールは食品添加物のみで作製することができ、従来の消毒用アルコールと同様に手指消毒剤として使用することが出来ます。また、次亜塩素酸ナトリウムによって変色や腐食を起こすようなものの除染に使用することも可能です。


現在、アルコール製剤に限らず、ヒトノロウイルスの不活化を定量する方法、規格は策定されていません。それ故に、おそらく過剰な次亜塩素酸ナトリウムを用いた汚物の処理方法が推奨されていたり、ノンエンベロープウイルスに効果はあるものの、ヒトノロウイルスに対しては効果の無い商品が販売されたりしています。本研究成果を用いて、ヒトノロウイルスの増殖能を指標とした不活化法の基準化や、消毒、除染剤の検定を行うことが期待されます。
 

詳細はこちら

 

本研究成果は、英国科学誌である「Scientific Reports」に9月28日(月)18時(日本時間)に公開されました。

タイトル:“Alcohol abrogates human norovirus infectivity in a pH-dependent manner
著者名:Shintaro Sato, Naomi Matsumoto, Kota Hisaie, and Satoshi Uematsu

 

 

  • 用語解説

※ヒトノロウイルス

ノロウイルスはカリシウイルス科に属し、種類の遺伝子群(GI~GX)に分類されており、この中でヒトに感染するヒトノロウイルスはGI、GII、GIV、GVII、GVIII、GIXである。それぞれの種でさらに複数の遺伝子型に分類され、GII.4型が例年最も流行するタイプである。感染性胃腸炎の原因の約割を占める感染症ウイルスで、非常に感染力が強く、乾燥しても感染力が数週間は失われないために、糞便や吐瀉物に含まれるウイルスが乾燥して空気中に散乱し、それを吸い込むことで二次感染を起こす人もいる。日本では月から月が流行のピークである。インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスのように、宿主の脂質膜(エンベロープ)に覆われていないことから、ノンエンベロープウイルスに属する。

  • 図:酸性アルコールはヒトノロウイルスの増殖をほぼ完全に抑えることが出来る

    細胞にウイルスを感染させてから3時間後にウイルス液を除き、細胞を洗浄後に残ったウイルス量を測定する(ホワイトバー)。その後3日間細胞を培養し、上清中に産生されたウイルス量を測定する(ブラックバー)。ホワイトバーとブラックバーの差が大きいほど、ウイルスが細胞内で増殖したことを意味する。
    A: ヒトノロウイルスは消毒用アルコール(水+70%エタノール)や酸(2%クエン酸)では全く不活化されないが、両者を混和したものではほぼ完全にその感染、増殖能を失う。
    B: 酸性アルコール(1%クエン酸+70%エタノール)によるヒトノロウイルスの不活化には30秒間の処理時間があれば必要十分である。