文科省共同利用・共同研究拠点事業感染症研究教育拠点連合

新型コロナウイルス
感染症への対応

感染症の克服に向けてオールジャパン体制のネットワークを
形成する感染症研究教育拠点連合では、
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行において、
制圧に向けた以下の活動を行っています。

感染症研究教育拠点連合
  • 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター
  • 東京大学医科学研究所
  • 大阪大学微生物病研究所
  • 長崎大学熱帯医学研究所
COVID-19 COVID-19

更新情報

  • 6/16 長崎大学熱帯医学研究所「国内外の関係機関への貢献」情報更新
  • 3/31 サイトリニューアル

各研究所の活動内容

北海道大学人獣共通
感染症リサーチセンター

センター公式サイト
国内外の関係機関への貢献
  • 喜田宏教授が世界保健機関(WHO)のInternational Health Regulations (IHR)委員として1月22日、23日および29日に開催されたemergency committee(EC)電話会議に参加し、緊急事態宣言他についてWHO事務局長に助言
  • 1月31日に喜田教授が国際獣疫事務局のAdvisory Group Memberとしてビデオ会議に参加し、自然・中間宿主同定並びに伝播経路究明計画を提言
  • 疫学の専門家の特任准教授が厚生労働省に出向(1か月)
  • ザンビア大学からの要請を受けて、国立感染症研究所が確立したnested RT-PCR法+サンガーシーケンスによる診断法をザンビア大学に導入
診断法の開発
  • LAMP法+核酸chromatographyを用いた迅速診断法開発に着手
  • 迅速診断キットに活用可能なmonoclonal 抗体の作製について計画中
治療法の開発
疫学調査
  • ザンビアでの野生動物を対象としたコロナウイルスのスクリーニングを計画中
アウトリーチ活動
  • 2020年10月に市民公開講座開催を計画中
  • テレビ、新聞等メディアへの情報提供

東京大学医科学研究所

研究所公式サイト
国内外の関係機関への貢献
  • 国の新型コロナウイルス感染症対策本部直轄の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の構成員として、河岡義裕教授と武藤香織教授が参加・提言を行っている
  • 1月上旬の感染流行初期に、医科学研究所中国拠点より、中国国内の新型コロナウイルス感染の情報に関して、国立感染症研究所に情報を供与
診断法の開発
  • 企業と共同し、迅速診断キットの開発に着手
予防法の開発
  • 企業と共同し、ワクチン開発に着手
治療法の開発
  • 治療用抗体の開発に着手
  • MERSコロナウイルス阻害剤開発の経験を水平展開し、抗ウイルス薬開発に着手
アウトリーチ活動
  • 2月22日に島根大学医学部市民公開講座で、新型コロナウイルス感染症に関して講演

大阪大学微生物病研究所

研究所公式サイト
国内外の関係機関への貢献
  • タイ保健省医科学局予防衛生研究所と新型コロナウイルスの情報を共有
  • 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) に関連する配列解析支援を開始
    https://sysimm.org/news/2019-ncov-japanese
診断法の開発
  • 新型コロナウイルスの抗原・抗体の迅速診断法の開発を開始
予防法の開発
  • 微生物病研究所、(一財)阪大微生物病研究会、医薬基盤・健康・栄養研究所との協力による新型コロナウイルスワクチン開発に向けた研究を開始。この実績をもとに、新たな新興感染症に対応できる3機関連携拠点プラットフォームの形成を目指す
    http://www.biken.osaka-u.ac.jp/news_topics/detail/1103
治療法の開発
  • 新型コロナウイルスのレプリコン細胞を樹立し、医薬基盤研と共同して抗ウイルス化合物のハイスループットスクリーニングを開始予定。迅速な抗ウイルス薬開発を目指す
疫学調査
  • タイにおける新型コロナウイルス感染者情報の収集
アウトリーチ活動
  • 公式ホームページに新型コロナウイルス情報を掲載
    http://www.biken.osaka-u.ac.jp/news_topics/detail/1077
  • 2020年5月2日に微生物病研究所で一般向け市民講座を開催予定
  • 2020年5月25日にバンコクで在留邦人を対象とした新型コロナウイルスに関するセミナーを開催予定
  • テレビ、新聞等メディアへの情報提供

長崎大学熱帯医学研究所

研究所公式サイト
国内外の関係機関への貢献
  • WHO reference centerとして海外のCOVID-19感染疑い検体の確定診断業務を実施
  • WHO COVID-19 reference laboratory としてUniversiti Kebangsaan Malaysiaに対して、synthetic SARS-CoV-2 RNAを提供し、PCRによるCOVID-19断法確立を支援
  • ベトナム国立衛生疫学研究所、ケニア保健省、フィリピン・サンラザロ病院にPCRによるCOVID-19診断法の技術を供与
  • 本研究所助教が新型コロナウイルス対策の疫学支援メンバーとして厚生労働省に出向
  • WHO西太平洋事務局に疫学統計専門家(研究所助教)を派遣し、活動を支援(3月10日~5月9日)
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に係る病原体核酸検査実施機関として長崎市に登録
  • 長崎港に停泊中のクルーズ船コスタ・アトランチカ号におけるCOVID-19対策に協力し、当研究所員の派遣とCOVID-19検査を実施
    死者を出すこともなく、また、市中に感染拡大することもなく無事任務を完了(4月19日~5月31日)
診断法の開発
治療法の開発
  • 新型コロナウイルスに対する薬剤スクリーニングを開始
アウトリーチ活動
  • 1月29日、長崎大学病院にて職員を対象に新型コロナウイルスに関する「臨時感染対策講習会」を開催
  • 2月10日、市民公開講座「新型コロナウイルスに感染しないために 新型コロナウイルス感染症を知ろう!」を開催
    講演動画公開サイト: https://www.ccpid.nagasaki-u.ac.jp/20200214-2/
  • テレビ、新聞等メディアへの情報提供