カウンター
 
 

  Schedule for the Combined Program on Microbiology & Immunology
   
 
   
 
   
  受講に当たっての注意
・出席簿は授業中に回します。遅刻数回で欠席1回とみなす場合があります。

・抄読会の論文は各自、ダウンロードして入手してください。 
 
 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度    

開催予定
  ※特に記載のない場合、開催時刻は10:30am‐ です。
  ※予定変更の可能性がありますので、ご注意ください。

日程
Date
講師(敬称略)
Lecturers
場所
Place
担当
Class
 講義タイトル/課題論文
Lecture Title/ Paper
7.21 (火) 上田 啓次
 医・ウイルス学
 Keiji Ueda,
 Virology,
Grad. School of Medicine
 医学系研究科
バイオメディカル教育研究棟7階
ウイルス学教室横セミナー室

Seminar room(Virology lab side), 7F, Biomedical Research Build.,
Grad. school of Medicine
map (5)
 講義
 Lecture
※start
1:30pm
HBV感染メカニズム
!開始時間が変更になりました!
1:30pm~
7.28 (火)   論文抄読
 Paper
 Discussion

※start
1:30pm
Sodium taurocholate cotransporting polypeptide is a functional receptor for human hepatitis B and D virus
1:30pm~
9.1 (火) 川端 重忠
 歯学研究科・口腔細菌学教室
 Shigetada Kawabata,
Dept. of Oral & Molecular
Microbiology,
Grad. School of Dentistry
歯学研究科F棟5階弓倉記念ホール  講義
 Lecture
 
9.15 (火)  論文抄読
 Paper
 Discussion
 9.29 (火) 飯田 哲也
 微研・細菌感染分野
 Tetsuya Iida,
 Department of Bacterial Infections,
RIMD
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall 
 講義
 Lecture
 
10.6 (火)  論文抄読
 Paper
 Discussion
10.13 (火) Cevayir Coban
 
IFReC・マラリア免疫学 /
 Malaria Immunology,
IFReC
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall
 
 講義
 Lecture
 
10.20 (火)   論文抄読
 Paper
 Discussion
10.27 (火) 黒崎 知博
IFReC・分化制御
Tomohiro Kurosaki,
 Lymphocyte Differentiation,
IFReC
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall
 
 講義
 Lecture
 
11.4(水)   論文抄読
 Paper
 Discussion
11.10 (火) 朝野 和典
 医・感染制御学
 
Kazunori Tomono,
 Infection Control & Prevention
Grad. School of Medicine
微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall 
 講義
 Lecture
 
11.17 (火)  論文抄読
 Paper
 Discussion
12.15 (火) 小林 剛
 ウイルス複製研究G
 Takeshi Kobayashi,
 Viral Replication,
RIMD
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall 
 講義
 Lecture
 
12.22 (火)   論文抄読
 Paper
 Discussion
1.12 (火) 華山 力成
金沢大・医学系・免疫学
Kanazawa Univ. Immunology
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall
 
 講義
 Lecture
 
1.19 (火)  論文抄読
 Paper
 Discussion
1.26 (火) 山本 雅裕
微研・感染病態分野
IFReC・免疫寄生虫学
Masahiro Yamamoto
Immunoparasitology
RIMD/ IFReC
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall
 
 講義
 Lecture
 
2.2 (火)  論文抄読
 Paper
 Discussion
2.9 (火) 明田 幸宏
 臨床感染症研究G
 Yukihiro Akeda,
 Clinical Research
on Infectious Diseases, RIMD
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall 
 講義
 Lecture
 
2.16 (火)  論文抄読
 Paper
 Discussion

開催履歴

       
日程
Date
講師(敬称略)
Lecturers
場所
Place
担当
Class
 講義タイトル/課題論文
Lecture Title/ Paper
 4.7 (火)
藤井 穂高
微研・感染症学免疫学
融合プログラム推進室
 Hodaka Fujii,
 Combined Program
on Microbiology and Immunology,
RIMD
 微研本館1階
  微研ホール
 Biken Hall
 ガイダンス
 Guidance
 
 4.14 (火) 藤井 穂高
微研・感染症学免疫学
融合プログラム推進室
 Hodaka Fujii,
 Combined Program
on Microbiology and Immunology,
RIMD
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall
 
 講義
 Lecture
Epigenetic regulation of lymphocyte development and function
 4.21 (火)   論文抄読
 Paper
 Discussion
RUNX transcription factor-mediated association of Cd4 and Cd8 enables coordinate gene regulation
4.28(火) 荒瀬 尚
 IFReC/微研・免疫化学
 Hisashi Arase,
 Immunochemistry,
RIMD/ IFReC
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall
 
 講義
 Lecture
MHCと疾患
5.12 (火)  論文抄読
 Paper
 Discussion
Immune self-reactivity triggered by drug-modified HLA-peptide repertoire
 5.19 (火) 岸本 忠三
 IFReC・免疫機能統御
 Tadamitsu Kishimoto,
 Immune Regulation, IFReC
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall
 
 特別講義
Special Lecture
IL-6の発見から抗体による免疫難病の治療へ
6.9 (火)  石井 健
 医薬基盤・健康・栄養研究所
IFReC・ワクチン学
 Ken Ishii,
National Institute of
Biomedical Innovation, Health and Nutrition
 Vaccine Science, IFReC
 微研本館1階
 微研ホール
 Biken Hall 
 講義
 Lecture
Immunological role of nucleic acids during cell death in infection and vaccination
 6.16 (火)   論文抄読
 Paper
 Discussion
Ohto U, Shibata T, Tanji H, Ishida H, Krayukhina E, Uchiyama S, Miyake K, Shimizu T. Structural basis of CpG and inhibitory DNA recognition by Toll-like receptor 9. Nature. 2015 Apr 30;520(7549):702-5. doi: 10.1038/nature14138. Epub 2015 Feb 9. PubMed PMID: 25686612.
7.7 (火) 菊田 順一
水野 紘樹

 医・免疫細胞生物学
Junichi Kikuta
Hiroki Mizuno
Department of Immunology and Cell Biology,
Grad. School of Medicine
※石井優先生から変更になりました。
 医学系研究科
バイオメディカル教育研究棟8階
 セミナー室

Seminar room, 8F, Biomedical Research Build.,
Grad. school of Medicine
map (5)
 講義
 Lecture
免疫・骨髄細胞の生体イメージング
(講師:菊田先生)
7.14 (火)   論文抄読
 Paper
 Discussion
Visualized macrophage dynamics and significance of S100A8 in obese fat. Sekimoto, et al. Proc Natl Acad Sci USA. 2015 Apr 21;112(16):E2058-66.
(講師:水野先生)

 
       連絡先:感染症学免疫学融合プログラム推進室