感染症国際研究センター  ウイルス動態研究グループ/前田研究室

ウイルス動態研究グループは、蚊をベクターとするチクングニアウイルス(CHIKV)やダニをベクターとする重症熱性血小板減少症候群ウイルス(SFTSV)などのRNAウイルスをモデルウイルスとしてそれらの宿主細胞における侵入・増殖・放出に関わる宿主因子を同定し、ウイルスと宿主の相互作用から感染症が発症するメカニズムの理解とその制圧を目指し研究を行っています。

 

上記目的を遂行するために、トランスレプリケーションやレポーター細胞など独自のアッセイ系を構築し、ゲノムワイドなスクリーニング(リバースジェネティックス)や遺伝子ノックアウト・ノックダウン(フォワードジェネティックス)などの分子生物学的手法や細胞内のオルガネラ・小胞輸送解析などの細胞生物学的手法さらにはタンパク質ータンパク質相互作用解析やタンパク質翻訳後修飾(糖鎖・ADP-リボシル化など)解析などの生化学的手法を組み合わせてアプローチしています。このようにウイルスと宿主の相互作用を解析するために、独自のアッセイシステムに多分野の様々な手法を組み合わせてアプローチしています。また現在の社会的緊急課題である新型コロナウイルスの制圧のための研究も微研の社会貢献の一翼となるべく開始しました。

メンバー

  • 特任教授: 前田 裕輔
  • 特任研究員: 山本 祐介
  • 特任研究員: YAN LU

最近の代表的な論文

  • 1) Anti-chikungunya virus monoclonal antibody inhibiting viral fusion and release. Tumkosit U. et al., J. Virol. In press
    2) The use of green fluorescent protein-tagged virus-like particles as a tracer in the early phase of chikungunya infection. Tumkosit U. et al., Virus Res. (2019) 272:197732.
    3) Genome-wide screening uncovers the significance of N-sulfation of heparan sulfate as a host cell factor for Chikungunya virus infection. Tanaka A. et al., J. Virol. (2017) JVI.00432-17.
    4) Post-Golgi anterograde transport requires GARP-dependent endosome-to-TGN retrograde transport. Hirata T. et al., Mol. Biol. Cell (2015) 26(17):3071-84.
    5) GPI-glycan remodeling by PGAP5 regulates transport of GPI-anchored proteins from the ER to the Golgi. Fujita M. et.al, Cell (2009) 139(2): 352-365
    6) GPHR is a novel anion channel critical for acidification and functions of the Golgi apparatus. Maeda Y. et al., Nat. Cell Biol. (2008) 10(10): 1135-45.