感染症国際研究センター  新興感染症対策研究グループ

SARSやCOVID-19、エボラ出血熱などに代表される新興感染症の発生は、発生場所・時期ともに予測不可能です。

本研究所では、このような新興感染症に迅速且つ柔軟に対応すべく、2020年に対策研究グループを立ち上げました。

研究グループは、ウイルス、細菌、寄生虫、各分野の専門家から組織され、治療法開発や病原性の解明をはじめ、感染症制圧にむけた対策研究を展開します。

メンバー

  • 教授(グループ長): 松浦 善治
  • 教授: 飯田 哲也
  • 教授: 塩田 達雄
  • 教授: 堀口 安彦
  • 教授: 荒瀬 尚
  • 教授: 山崎 晶
  • 教授: 山本 雅裕
  • 教授: 小林 剛