感染機構研究部門  ウイルス感染制御分野/塩田研究室

当研究室では20年に渡りヒ卜免疫不全ウイルス(HIV)の研究を続けてきましたが、2015年よりタイ王国マヒドン大阪感染症研究センターと蚊媒介性ウイルス感染症の共同研究を開始したことをきっかけに、現在ではデングウイルス(DENV)とチクングニアウイルス(CHIKV)の研究を中心に行っています。HIV研究でこれまでに培った現地との人脈を生かした疫学研究をタイで、疫学研究から得られた知見の検証を日本で展開しています。

 

DENV・CHIKVの涜行動態調査と性状解析

DENVとCHIKVはヤブ蚊で媒介され、熱性疾患を引き起こします。デング熱は過去の感染に起因する抗体が関与する機構により、解熱後に出血熱で重症化する例が5%ほどありますが、詳しいことはわかっていません。当研究室では、タイで行うウイルスの遺伝子配列の分子時計計算から、ウイルスの流行動態を解析しています。さらに分離ウイルスの中には感染力の異なるウイルスがあり、ウイルスの感染力の遣いが流行に及ぼす影響を調べています。また感染力の異なるウイルスを比較することにより、ウイルスの増殖過程に必要な分子を割り出すことを試みています。

 

抗DENV抗体の作出と解析

抗DENV抗体には中和活性と感染増強活性の2つの側面があります。単クローン抗体を解析することにより、感染増強活性がなく中和活性のみを示す抗体とはどんな抗体なのか?を検索しています。デングウイルスには4つの血清型があり、これまでに全ての血清型を中和する抗体や、1つの血清型のみ100倍薄い濃度でも中和できる抗体などを見出しています。これらの抗体の中で感染増強活性がないものは「抗体薬」の可能性を秘めています。さらに感染しでも症状を示さなかった不顕性感染者の解析も予定しています。

 

抗HIV因子による治療法開発

ヒ卜免疫不全ウイルス(HIV)は、白血球のうちCD4という分子を膜表面に持つ細胞に感染するウイルスで、ヒトの免疫系に重篤な障害をもたらします。しかし、同じ霊長類でもチンパンジー以外のサルには感染しません。また、ヒトでも感染しにくい例や発症しない例などの個人差があります。研究室では、これらの特徴をもとに、ウイルス感染の初期過程を阻害する因子をはじめ、抗ウイルス作用を持つ因子を明らかにしました。現在は、この解析により得られた知見をもとに、iPS細胞より抗HIV活性を持つ免疫細胞を作成し、再生医療を用いた新たなエイズ治療法の開発にむけて研究を展開しています。

 

  • 図1:地理系統解析によるデングウイルス2型の伝播経路

  • 図2:デングウイルス2型のエンベロープタンパク質の2量体(水色と橙色)と中和単クロン抗体(緑)との結合。
    赤と青は結合に重要なエンベロープタンパク質のアミノ酸残基。

メンバー

  • 教授: 塩田 達雄
  • 准教授: 中山 英美
  • 助教: 佐々木 正大

ホームページ

最近の代表的な論文

  • (1) Emergence of genotype Cosmopolitan of dengue virus type 2 and genotype III of dengue virus type 3 in Thailand. Phadungsombat J et al. PLoS One. (2018) 13(11):e0207220. doi:10.1371/journal.pone.0207220
    (2) HIV-1 is more dependent on the K182 capsid residue than HIV-2 for interactions with CPSF6. Saito A. et al., Virology (2019) 532:118-126.
    (3) Genotype replacement of dengue virus type 3 and lineage replacement of dengue virus type 2 genotype Cosmopolitan in Dhaka. Bangladesh 2017. Suzuki K., et al. Infect Genet Evol. (2019) 75: 103977
    (4) Multiple pathways to avoid IFN-β sensitivity of HIV-1 by mutations in capsid. Sultana T., et al., J Virol. (2019) 93(23)
    (5) Two distinct lineages of chikungunya virus cocirculated in Aruba during the 2014- 2015 epidemic. Phadungsombat J., et al. Infect Genet Evol. (2020) 78:104129
    (6) The 4th and 112th residues of viral capsid cooperatively modulate capsid-CPSF6 interactions of HIV-1. Saito A., et al. AIDS Res Hum Retroviruses (2020) doi:10.1089/AID.2019.0250.