本文へスキップ


Japanese / English

メンバーmember




スタッフ

小林剛 (教授)Takeshi Kobayashi

学部生の時にヘルペスウイルスの研究を始めたことをきっかけに、これまで一貫 してウイルスの研究を続けてきました。現在は、レオウイルス科の複製 機構、 病態発現機序の解明、予防・治療用のツールとしてのレオウイルスの応用などを テーマに研究を行っています。やる気のあるスタッフ、大学院生 とともに日々 充実した時間を過ごしています。私達の研究に少しでも興味がある方は、いつでも気軽に見学に来てください。ご連絡お待ちしています。

e-mail : tkobayashi@biken.osaka-u.ac.jp



金井祐太 (講師) Yuta Kanai

2007年に北海道大学 獣医学研究科において寄生虫の研究により学位を取得しました。その後ウイルスの魅力に取り付かれ, E型肝炎ウイルス、インフルエンザウイルス、アフリカ馬疫ウイルスの研究を経て、現在はレオウイルスの研究に取り組んでいる。



e-mail : y-kanai@biken.osaka-u.ac.jp



小瀧将裕 (助教) Tomohiro Kotaki

学部生の頃よりウイルス研究を行い、2016年に神戸大学医学研究科にて学位を取得しました。これまでにフラビウイルス、HIV、コロナウイルスの研究を行ってきました。現在はロタウイルス研究に取り組んでいます。頑張ります。





南昌平 (特任研究員) Shohei Minami

山口大学大学院連合獣医学研究科へ在籍しながら、特別研究学生として6月から研究をやらせてもらっています。山口大学では食肉目へ感染症を引き起こすウイルスの疫学調査やイヌジステンパーウイルスの分子生物学的研究を行ってきました。ウイルスの分子生物学を深く追求する小林研の研究に携わりつつ、様々なことを学んでいきたいと思っています。




大学院生

     
Jeffery Nurdin (D4)

Since I was undergraduate student, I found that molecular basis was the key to eradicate diseases. After graduated from Airlangga University, I worked at the Emergency Room around 2 years and caught my interest at infectious disease, especially viral infections. In the future I wish to expand my horizon, make new relation with same interests, and catch the silver lining of eradicating diseases, especially viral infectious diseases.




納田遼太郎 (D4, JSPS-DC1特別研究員) Ryotaro Nouda

北海道大学理学部卒業.生物の遺伝子数よりも極めて少ない遺伝子を駆使した,ウイルスのシステマティックな生活環に興味 を持ち,阪大微研に進学しました.現在はレオウイルスの複製機構について主に研究しています.ウイルス研究について,まだまだわからない ことばかりですが,研究室での日々は非常に刺激的で,充実しています.ウイルス研究において新たな発見ができるように頑張ります.





山崎萌子 (D3) Moeko Yamasaki

北里大学獣医学部卒業。北里大学では細菌の研究をしていましたが、ウイルスによる遺伝子導入法を学んだことがきっかけになりウイルスの活用方法や感染システムに興味を持ち、阪大に進学しました。ウイルスに関してはまだまだ初心者ですが、世の中に貢献できる研究をするために精一杯学びたいと思います。





技術補佐員

秘書

芳田みち子

2018年4月よりお世話になっております。皆さんが、ますます研究に励むことが出来るように、日々の業務を頑張ります。雰囲気の良い研究室の一員に加えて頂き、とても幸せです。










ナビゲーション

バナースペース

ウイルス免疫分野

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘3-1

TEL 06-6879-8335
FAX 06-6879-8310