研究グループ / センター概要 / 最近の代表的な論文

研究グループ

<遺伝子改変動物作成部門>
教授(兼) 伊川 正人
特任助教(常勤) 上田 潤
<動物維持・管理部門>
招へい教授 山村 研一
特任准教授(兼) 磯谷 綾子
助教(兼) 宮田 治彦
<共同研究推進部門>
招へい教授 岩倉 洋一郎
招へい教授 吉田 進昭
助教(兼) 後藤 直久
助教(兼) 佐藤 裕公
<生体応答解析部門>
教授(兼) 審良 静男
教授(兼) 荒瀬 尚
教授(兼) 木下 タロウ
教授(兼) 菊谷 仁
教授(兼) 野島 博
教授(兼) 高倉 伸幸
教授(兼) 岡田 雅人
助教(兼) 藤原 祥高

センターホームページ

センター概要

 生体は多くの遺伝子の働きによって恒常性が保たれている一つのシステムであり、遺伝子の機能異常が多くの疾病に関与している。従って、新たな治療法の開発のためには疾病に関連する遺伝子の機能とそれらの相互関係を知ることが重要である。しかし、未だ多くの遺伝子の機能は不明であり、疾病に関与する遺伝子の役割が体系的に解析された例は少ない。
 遺伝子機能の解析には遺伝子改変動物が極めて有用であり、疾病の発症機構を明らかにして有効な治療法を確立するためには、組織的に遺伝子改変動物を作製するとともに、我が国独自の生物資源を確保することが急務である。すでに諸外国では創薬に関する知的財産権の確保を念頭に大量の遺伝子改変マウスの作製プロジェクトが始まっており、我が国においても早急に体系的な体制を整備しなければならない。
fig.1

図1 不妊症の解明に向けたストラテジー

 そこで、これまでに多くの遺伝子改変マウスを作製した実績の豊富な大阪大学微生物病研究所(微研)、東京大学医科学研究所(医科研)、熊本大学生命資源研究・支援センター(生命資源センター)が独自に開発した優れた技術を相互に提供し合うとともに、対象を絞りこみながら効率的かつ系統的に遺伝子改変マウスを作製する。さらに、それぞれのもつ優れた病態解析システムを相互利用することで、我が国の生命科学の研究の発展に資する礎を築く。
医科研ではがん免疫に関する遺伝子群について、そして生命資源センターでは難治疾患に関する遺伝子群について、そして微研では生殖異常・感染・アレルギー免疫に関する遺伝子群についてフォーカスをあてて研究を行う (図1)。また各機関のもつ長所をお互いに利用しながら、それぞれが特化した分野の遺伝子改変マウスの作製を行う。得られた遺伝子改変マウスは各機関が連携した効率的な解析システムにかけることにより疾病との連関を明らかにする。

最近の代表的な論文

  1. Mashiko D, Fujihara Y, Satouh Y, Miyata H, Isotani A, Ikawa M. Generation of mutant mice by pronuclear injection of circular plasmid expressing Cas9 and single guided RNA. Sci Rep. 2013 Nov 27;3:3355.
  2. Hasuwa H, Ueda J, Ikawa M, Okabe M. MiR-200b and miR-429 Function in Mouse Ovulation and Are Essential for Female Fertility. Science. 2013 Jul 5;341(6141):71-3.
  3. Fujihara Y, Tokuhiro K, Muro Y, Kondoh G, Araki Y, Ikawa M, Okabe M. Expression of TEX101, regulated by ACE, is essential for the production of fertile mouse spermatozoa. Proc Natl Acad Sci U S A. 2013 May 14;110(20):8111-6.
  4. Satouh Y, Inoue N, Ikawa M, Okabe M. Visualization of the moment of mouse sperm-egg fusion and dynamic localization of IZUMO1. J Cell Sci. 2012 Nov 1;125(Pt 21):4985-90.
  5. Tokuhiro K, Ikawa M, Benham AM, Okabe M. Testis specific PDILT is required for quality control of sperm membrane protein ADAM3 and male fertility. Proc Natl Acad Sci U S A. 2012 March 6;109 (10):3850-3855.
 

リンク

微研ホーム | ©1997-2014 Research Institute for Microbial Diseases