松浦善治教授に聞く(1)「新型コロナについて何がわかってきたか」分子ウイルス分野

分子ウイルス分野 松浦善治教授

Q1 今、新型コロナウイルスについてお聞きします。

新型コロナウイルスは、今年1月に国内初の感染者が確認されてから8カ月以上が過ぎました。ウイルスについて分からないことだらけだった状況は研究論文が続々と発表され、改善されてきています。では、これまでに何が分かったのでしょうか。秋から冬にかけてまた流行するのでしょうか。ワクチンはいつできるのでしょうか──。 新型コロナウイルスの研究やワクチン開発に取り組む大阪大学微生物病研究所の松浦善治教授分子ウイルス分野)が、さまざまな疑問にお答えします。(聞き手、サイエンスライター・根本毅)(2020.9.8 インタビュー)

全3回: 第2回 第3回

Q2 ──新型コロナが出現した当初、どう見ていましたか?

コロナウイルスだと聞いた時には、すぐになくなるだろうと思いました。同じコロナウイルスのSARS(サーズ、重症急性呼吸器症候群)やMERS(マーズ、中東呼吸器症候群)は毒性が強くて大騒ぎしましたが、すぐに収まったからです。

 

でも今回はなくならず、意外に思った研究者は多いと思います。 最初に日本に入った新型コロナウイルスの「武漢型」は早い段階で終息し、次に入ってきた「欧州型」と言われるちょっと変異が入った種類が流行しました。解析の結果、欧州型の方が感染力が強いと分かりました。

Q3 ──2003年のサーズや2012年のマーズがすぐになくなったのは、毒性が強かったからですか?

みんな、そう言いますね。致死率はサーズが10%くらい、マーズが33%くらいです。

 

──毒性が強いと、感染した人は重い症状が出て安静にしている。あちこち動き回って他の人にうつすことがないから、早く終息するのですね。

 

そうだと思います。しかし、今回の新型コロナウイルスは感染しても元気なままの人が多い。特に若い人は症状が出ずに動き回り、感染源になっています。無症状や軽症で済むならばたいしたウイルスではないのですが、お年寄りや基礎疾患のある方など感染者の約2割は重症化するため、対策が必要です。

Q4 ──新型コロナウイルスは発症の2~3日前から感染力があるという研究報告があります。

──ずっと疑問だったのですが、発症前ということは咳やくしゃみをしていないですよね。どうやって他の人にうつるのでしょうか?

 

新型コロナウイルスは唾液に多く含まれます。咳やくしゃみをしなくても、話す時に飛んでいるのだと思います。人にうつせるだけのウイルス量があるのでしょう。やっかいですよね。 今、検温がよく行われていますが、発熱していなくてもウイルスを出している可能性があります。検温に頼らず、全員が感染している可能性があると考え、マスクをしたり、間隔を空けたりするしかありません。

Q5 ──今後、流行はどうなると予測できますか?

予測は誰にもできないと思います。ただ、当初はウイルスのことがよく分からず手探り状態で多数の死者が出ましたが、当時よりも感染者が亡くなる割合は減ってきています。重症化のリスクが高い人は感染しないようにちゃんと注意しているし、医療も経験を積んで対応力が上がったためでしょう。

 

私たちが期待しているのは、流行の波がだんだんと小さくなり、普通の風邪となることです。風邪のコロナウイルスは4種類が知られていますが、5種類目に落ち着いたらいいと思います。

Q6 ──普通の風邪になるとしたら、どんなストーリーが考えられますか?

ウイルスは生きた細胞に感染しないと自分の子孫を作れないので、感染した人を殺してしまうのはウイルスにとっても都合のいいことではありません。新型コロナウイルスはもともとはコウモリのウイルスでした。ウイルスは慣れない宿主に来るとけっこう大暴れをします。それが、だんだんと変異を起こしながら性質が変わっていく。

 

ウイルスにとっては、あまり人間に病気を起こさないようにして、人間の中でずっと子孫をつないでいくのが賢いやり方です。新型コロナもそうなると思います。 集団免疫という言葉がありますが、3~4割の人がウイルスに感染して集団的に抗体を持ち、ウイルスの感染拡大を封じ込められる状況になれば一番いいでしょう。

Q7 ──そのストーリーの通りに、毒性は下がってきているのでしょうか。

それは一概には言えません。新型コロナウイルスは変異が入りやすいRNAウイルスなので、変異によって弱毒化も強毒化もあり得ます。確かに第2波で重症者の割合は減りましたが、お年寄りが用心して感染が抑えられ、若い人の感染が多く確認されたためでもあるでしょう。ウイルスの性質が弱毒化したかどうかは分かりません。

Q8 ──第2回も引き続きよろしくお願いします。